下半身の悩み

60才を過ぎて衰える下半身・・・

年齢と共に衰えをいち早く感じるのが下半身の衰えなのではないでしょうか。下半身と言っても、足腰の衰えではなく、男性のシンボルの事です。

 

一番初めに感じることは、最中に起きる中折れ現象、今までは普通に挿入できていたものが、急に中折れを起こして挿入が出来なくなるのですから、男としてはとてもショックなことです。それからの行為そのものが恐ろしく感じだすのです、いわゆるトラウマの現象で、余計に勃起不全になる事もあるのです。

 

私の場合は、55歳の時にその中折れを経験したのです。それからは、セックスが恐ろしく感じる様になってきましたが、セックスは好きなので、頑張ってはいますが、勃起不全EDには変わりはないようです。そうして、60歳を過ぎると、完全なEDですね、挿入をしようとも思わないくらい、勃起をしなくなるのです、勃起をするのは朝だけは、勃起するのですが、肝心なセックスの時は全くダメになっています。

 

これが男の終わりかと思えるほどのショックな事なのです。今は彼女とセックスを楽しむことはありますが、彼女の努力だけではEDは解消しないのです、怪しい薬を飲んだりしながらなんとか挿入にこぎつけることもあるのですが、それもたまにしかありません、満足のいくセックスをする事は無理の様です。

 

年と共に、色々な病気が出て来て、それと共に、常に飲んでいる薬も多くなることが、余計にEDを起こさせているような気がするのです、血圧の薬は、勃起を促進させるのとまったく逆の働きをしているようなきがするのですが、飲むことをやめるわけにはいかないのが薬なのです、即効性の勃起促進薬を、命を懸けて服用してセックスを楽しむことが本当のセックスとは言えない様な気がするのですが、それも仕方がないことなのですね。

 

取り合えず勃起さえすれば、彼女に挿入が出来、彼女も楽しめるので有れば、それでよいのですが、全てを薬に頼る様なセックスではなく、彼女の体を見ただけで、勃起をするような、若い時の様な事はもうないのでしょうけれど、これからも肌を合わせてセックスに励むことなのでしょう、それが、男と女の本性だとすれば、本来の姿なのだと思いますが、年と共に衰える体力、体力よりも性欲の衰えの方が精神的にダメージに思えてくるのです。

 

今までの人生で、沢山してきたセックスの終焉を迎えようとしているようですが、私はこれからも、今度は、テクニックで、彼女を喜ばせられるように頑張ります。

私が現在服用しているED治療薬・・・

私は40代の男性で、男性機能に悩みを抱えています。
その悩みとは早漏です。

 

自分が早漏だと気づいたのは初体験の時でした。
初めて彼女が出来たのは遅く、初体験は23歳の時です。

 

今から20年以上前の出来事ですが、あまりのショックで昨日の事のように覚えています。
恥かしながら挿入後10秒と持たなかったんです。
三こすり半っていう言葉がありますけど、まさにそんな感じでした。
初めて体験する女性の膣。
あまりの気持ちよさにビックリしました。

 

とりあえず数回動かして愚息を膣に馴染ませよう・・と動いたら射精感が訪れたんです。
え?もう?このままだとイッチャう・・と動きを止めたものの、限界点を突破してたのでそのまま射精。
すぐに抜いて外出しはしたものの、あまりの早さにビックリしました。
幸いだったのは、彼女も初体験だったという事です。
初めてでも早いと感じたでしょうが、異常な早さとまではバレなかったようです。
おかげで彼女はその後も私とエッチをしてくれました。
5分以上持続出来るようになったのは、彼女と10回以上エッチしてからです。

 

最初の頃みたいに挿入した瞬間!ではなく、5分ぐらい持つようになったんですよね。
まあこれでも十分早漏の部類ですが、超早漏ではなくなりました。
あと、これだけ持続するようになると、ペース配分も出来るようになったんです。
初体験から1年経過する頃には15分ぐらいは持つようになってました。

 

早漏は改善しだしたと思ったのですが、これはただ単に彼女に慣れただけなんだと判明しました。
というのも、彼女以外の女性A子とエッチした時、口でしてもらって1分後には射精してました。
ごめん、あまりにも気持ちよくて・・・と誤魔化し、回復後に挿入したもののやっぱり1分と持ちませんでした。
A子とは結局それっきり。
彼女と別れてから他の女性と交際するも、A子とした時のように一瞬で射精してしまいました。
A子にしてもそれ以外の女性にしても、強くは責めてきませんでしたけど心中穏やかではなかったんでしょう。
その後私から連絡しても出てくれなかったり、出ても会おうという所までもっていけませんでした。

 

幸いその後、男性経験の少ない女性と関係を持ち、この女性が現在の妻となりました。
私以前に関係を持った男性は私同等の早漏だったらしく、私の異常な早漏も普通だと思ってくれたんですよね。
おかげで二回目以降も会ってくれましたし、何度も関係を持ってるうち15分ぐらい長持ちするようになりました。

 

ただ毎回長持ちするってわけではないんですよね。
あくまでペース配分してるから長持ちするというだけで、正上位でストロークの長いピストンを続けたら数分で射精してしまいます。
改善方法ですが、現在はED治療薬です。
ED治療薬といえばバイアグラが有名ですけど、レビトラやシアリスは若干早漏を抑える効果があるんです。
注意点は、早漏防止効果を感じるのは遅いという点です。
服用から15〜30分で勃起効果は感じるので、この時点でエッチをしてしまいがちです。でもこれはダメ。
早漏防止効果は服用から1時間ぐらいかかる(体感です)ので、そのぐらいからエッチするようにしてます。
とはいえ、毎回ED治療薬の服用が出来るわけでもないですし、ED治療薬無しの時は早くて困ってます。

 

今後の方針ですが、どうしようもないと思ってます。
20年以上早漏なわけですし。
あと浮気はもう諦めました。
他の女性相手ならすぐ射精するとはいえ、妻相手ならそれなりに持ちこたえることが出来ますから。

ペニスのサイズで悩まされてきました・・・

私の下半身の悩み、それはペニス小さい事です。勃起時には人並みのサイズなのですが、通常時が本当に小さいです。要するに勃起時は通常時の5〜6倍あると言う事です。子供の頃によく下半身の見せっことかやると思いますが、その時に明らかに他の友達よりも小さくて、凄く恥ずかしい思いをしました。ちなみに小学生の時に付いたあだ名が「ちびちんこ」です。それからは誰にも見せる事なく、1人で悩んでいました。

 

中学生になって、女の子と付き合う様になっても、やはり下半身の事が気になり、なかなかそういった行為に走ることが出来ませんでした。ただいろんな本を読んでみると、日本人の平均サイズは勃起時で13センチ前後と書かれています。確かに私のペニスは通常時は凄く小さいのですが、勃起すると13センチ以上あります。それを知ってから、やっと女の子とセックスすることが出来ました。ただ勃起していないペニスは絶対に観られない様に凄く気を使っていたんです。

 

高校生くらいになると、部活で合宿があったり、友達同士で旅行に行ったりということがありますが、そういったイベント事には一切参加しませんでした。参加してしまうと必ず友達と一緒にお風呂に入ることになるからです。中学の時もそうですが、修学旅行さえ行く事が出来ませんでした。ちょうどその頃、友人が牡蠣を食べるとペニスが大きくなると話していたのを耳にしました。ただもともと私は牡蠣が大っ嫌いで、どうしても食べることが出来ませんでした。ただそんなことは言っていられません。親に頼んで週に1度は食卓に牡蠣を並べてもらう事にしました。ただしこれも全く効果なし。無駄な事をしたと思います。

 

そして社会人になってからは少し考え方が変わりました。付き合う相手に対してです。今までは顔や性格で彼女を選んでいましたが、その頃から体の小さい女性を探す事にしました。身長が150センチくらいの女性です。体が小さければアソコも小さいだろうと考えた訳です。そして処女である事。他の男性のモノを見たことが無ければ、大きいとか小さいとかは分からないだろうと思ったんです。この作戦が功を奏し、それ以降は彼女に対してはオープンにさらけ出すことが出来るようになりました。

 

ただ、未だに出来ない事がまだあるんです。それは銭湯や温泉に行く事です。これだけはどう考えても無理です。女性に見られる事に対しては、ある程度免疫が出来たというか、慣れてきましたが、同性に見られる事に対しては、まだまだ思いっきり抵抗があります。

 

これを何とか改善するべく、今でもペニス増大を謳っているサプリをいろいろ試してみたり、アダルトグッズのペニスを吸引する道具を使ったりしていますが、まったく改善される様子はありません。多分私の人生は温泉の楽しさとか知る事なく終わるんだと思います。

包茎手術を経験して変わった人生・・・

私が小学校4年生のときか、小学校5年生のころから自分のペニスについて、とても悩んでいましたね。
自分のペニスの症状ですがペニスが包茎で、さきのほうが少し右にまがっていましたので、とても悩んでいましたね。
なぜならペニスが包茎で、さきのほうが右にまがっていましたのでおしっこをするときに、おしっこが右のほうへ出ましたのでトイレを
おしっこでぬらすこととなりましたので本当に困っていましたね。

 

ペニスが包茎で、さきのほうが少し右にまがっていましたので学校のトイレや修学旅行のときは本当にいやでしたね。
ペニスを人にみられたくは、なかったですから絶対に人にみられないようにペニスをかくしていましたね。

 

ほかにも包茎でペニスが少し右にまがっていましたので女性と付きあうことができませんでしたね。
なぜなら女性と付きあってセックスをすることとなりましたら包茎でペニスが少し右にまがっていることがばれますので女性と本当に付きあうことができませんでしたね。

 

本当は女性と、お付きあいがしたかったですね。
そのほかにも自分で包茎の悩みを解決させたいと、おもいましたので無理に皮をむいたりしていたのですが包茎は少しもよくはなりませんでしたね。
包茎でペニスが右に少しまがっている悩みと、ずっと付きあっていくことは、私には無理でしたね。

 

自分のペニスのことで子供のころから悩んでいましたので、これからさきも自分のペニスのことで悩むことは、いやだとおもいましたので私も自分のペニスのことをいろいろと考えましたが包茎の手術をすることとしましたね。

 

【上野クリニックの体験談】包茎手術を受けました!※画像あり!

 

このまま包茎を手術しないでいますと、やはり不衛生だとおもいましたね。
ほかには女性と、お付きあいもできないかとおもいましたので包茎の手術を受けることとしましたね。
包茎を手術しますと女性にペニスをかくさないでペニスをみせることができますので女性とセックスのときも安心だとおもいましたね。
いままでのことと自分のペニスのことを、いろいろと考えますと包茎手術を受けることが、よいかとおもいましたね。

 

包茎手術を受けますと、いままでのペニスの悩みがなくなりますので、よいかとおもいましたね。
ペニスの悩みがなくなると自分にたいしても自信がもてるかとおもいましたね。
私が包茎手術を受けたときですが彼女が、いないときに包茎手術を受けましたね。
そのほうが、なにかとよいのではと、おもったからですね。
いまではペニスの悩みもなくなり毎日を楽しくすごしております。

page top